どのような事が出来るのか

電気電子機器廃棄物(パソコンなど)をメインとした再資源化リサイクル(マテリアル)

様々な複合廃棄物を手作業にて徹底した分解・分別を行うことにより、素材としての価値を高めると同時に、再資源化率の向上、環境負荷の低減にも貢献しております。
期末時などに工場により廃却される不要となったパーツ類、部品・半製品等の梱包及び混在状態での回収も行っております。
開梱、開封作業から分別・分解・破砕処理まで総合的に対応致します。

Eスクラップの製錬所向け前処理

貴金属や銅を含む電子基板類などは、金、銀、パラジウムなどの希少な金属が多く含まれています。
銅及び貴金属の製錬所では不純物される物を手解体を行ない除去して、機械による破砕、選別後に形状及び性状が安定した品物と物量を供給し続けています。

産業廃棄物コンサルタント

ワンオーダーで電気電子機器廃棄物(パソコンなど)処理に関するご提案、回収、中間処理から最終処分まで、

  • 自社の車両保有、容器の貸出、自社工場、全国の拠点で同一処理
  • 必要に応じて産業廃棄物処理委託契約書やマニフェストの運用支援
  • 自社で処理できない物を明確にして、お客様に最適な業者のご紹介や処理方法をご提案
  • 事業所から遠方のお客様には、近隣の営業所から迅速に対応

お客様から出る廃棄物の種類や形状、また、廃棄物の置場に合わせた分別方法や保管容器のご提案を行います。

セキュリティ対策

情報通信機器(パソコン・HDD)などの記憶媒体の破壊処理を行っております。

磁気破壊機、物理破壊機を用いて読み取りが出来ない状態しております。
処理後の記憶媒体は再資源化原料又はセメント原料として処理しております。

具体的なサービス内容

オンサイトサービスのご案内

当社は、情報通信機器(パソコン(HDD)、磁気テープ)の再資源化処理及びオンサイトにて データ消去及び破壊のサービスを行っており、廃棄時におけるデータ漏洩の不安を解消します。

1)データ破壊の方法

① 物理破壊 ディスク破壊機にてHDDのディスク板に物理破壊を短時間で行います。
② 磁気破壊 FD)に特殊な磁場を磁気媒体に印加することで、ディスク等磁気媒体を短時間で完全消去します。

2)データ消去の方法

専用機械にてHDDのデータ消去を行います。また、ログ証明書の作成が可能でHDDのシリアルNo.も表示することができます。HDDの再利用が可能になります。

サービス内容

以下の3種類のサービスからお選び頂けます。

出張処理

ご指定場所に機材を搬入し、現場にて弊社作業員が消去処理、破壊処理を行います。

1)破壊処理 

2)磁気破壊処理  

3)データ消去処理 

自社運搬

産業廃棄物の自社車輌による収集運搬業務。

再資源化処理

パソコン(HDD)、磁気テープ類をお取引して、工場にて手解体及び手分別、破砕処理を行います。
リサイクル率99.4%(情報通信機器)を実現しております。 

1) 解体処理(マテリアルリサイクル)

2) 破砕処理(サーマルリサイクル)

物理的破壊及び磁気破壊

  • 一貫した処理フローにてデータ漏洩を防ぎ、地球環境にやさしい処理を行います。

機械警備及び構内監視カメラによる監視

休日や夜間はもちろん日中構内が無人になる際は、警備システムによる監視をしております。

GPS付きデジタルタコメーターで車両の管理

常に社員の安全はもちろんのこと、車両の情報やルート確認が出来る状態です。