産業廃棄物処理業

産業廃棄物処理業

全国5拠点の事業所で、産業廃棄物中間処理業の許認可を得て、パソコン等の情報通信機器を中心としたマテリアリサイクルを行っております。
生産工場やオフィスなどの不要な機器類を回収して事業内で、解体分別後に機械で破砕、圧縮、選別処理をしております。
また、不用な機器やその部材等の梱包されている品物も同様に処理することが出来ます。
個人情報や企業情報が含まれる機器などは物理的に破壊してから原料化致しますので、機密品などもご安心して頂けます。

処理の流れ

1.受入れ、計量及び検収

2.種類ごとに分別

3.解体作業

4.破砕処理

5.選別処理

6.処理後の原料

適正な処理と安心をご提供し続ける企業でございます。

機械設備

破砕機①

破砕機②

破砕機③

破砕機④

圧縮機

処理をする品物によって機械を選定しております。

選別機①磁気選別

選別機②風力選別

選別機③高磁気選別

埋立てや単純な焼却処理を無くすために様々な選別機にかけて、再資源化に取り組んでおります。

専用機械

減容器

蛍光灯破砕機

電池選別機

これらの機械は神奈川事業所に設置しております。